Flinker.jp 著者別の出版リスト
初めての方へ / ご利用ガイド あしあと表示 ブックマーク表示
トップ 登録済みの著者一覧を表示します 本を探す 登録済みの全巻セットを表示します あなただけのカスタマイズページです
お気に入りの著者の作品、探している本は、Flinker.jpでチェック!
Flinker.jpは、著者ごとの新刊自動チェック・全巻セット情報・過去出版物の一覧などを提供しています >> はじめての方へ

『係長・山口瞳の<処世>術』 (小学館)


詳細/レビュー クリップ クリップ( 0 人) リスト管理/履歴
係長・山口瞳の<処世>術 [古書登録]

係長・山口瞳の<処世>術

⇒ Amazonで詳細を見る
装丁: Kindle版
著者: 小学館
出版社: 小学館
発売: 2014-12-26
ASIN: B00R4JX0RA
Amazonランキング: 165146 位

この本をクリップする
0 人がクリップ
(以下クリックで設定/解除)

本をクリップクリップ

購入情報
新刊は入手不可です
Amazonの詳細ページへ


Amazon登録カテゴリの一覧(※試作版)

近現代の作品日本のエッセー・随筆エッセー・随筆文学・評論ジャンル別エッセー・随筆文学・評論Kindle本カテゴリー別Kindleストア

※上位カテゴリを含めて全て表示しているため関連性の薄いカテゴリが表示される場合があります



この本をクリップしている人 (0 人)


この本をクリップしている公開ユーザはいません。



Amazon商品説明

サントリーの部下が描く、山口瞳の原風景。日本の高度成長が始まる昭和33年、失業中の山口瞳は、寿屋(現・サントリー)に入社し、宣伝部でコピーライター・PR誌「洋酒天国」編集担当者として多忙な日々を送ることになった。そして37年、著者が新卒社員として寿屋に入社すると、直属の上司は、「宣伝技術課係長・山口瞳」だった。サラリーマンとしてマジメに勤務しつつ、「江分利満氏の優雅な生活」で直木賞を受賞した山口瞳は、会社員として、社会人として、男として、人間として、そして作家として、どう生き、どう身を処したのか。『「洋酒天国」とその時代』で第24回織田作之助賞を受賞した著者が生き生きと描く、作家・山口瞳の原風景。


Amazonレビュー








本の情報
この本は当サイトに登録されています。
Amazonとの情報同期日
2017/01/18
著者出版リスト
山口 瞳 山口 瞳

6 users
[出版リスト]
著作本: 245 件
関連本: 13 件
全巻セット: 2 件
[クリップ本Ranking]

[著者分類]
エッセイスト・コラムニスト

[プロフィール]
山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本
(⇒すべて表示)

著者を探す
アソシエイト支援
このページの紹介URL

別の本を探す
Amazon和書検索
(売上Ranking)

エッセイスト・コラムニスト関連の本
本を探す

【関連商品(Amazon)】

江分利満家の崩壊
江分利満家の崩壊

昭和芸人 七人の最期 (文春文庫) (0 クリップ)
昭和芸人 七人の最期 (文春文庫)
クリップ 0 人

瞳さんと
瞳さんと



[実験部屋] [運営会社] [利用規約] [プライバシーポリシー] [FAQ/問い合わせ]
© Flinker.jp 2007-2017 All Rights Reserved.