Flinker.jp 著者別の出版リスト
あしあと表示 ブックマーク表示
トップ 登録済みの著者一覧を表示します 本を探す 登録済みの全巻セットを表示します あなただけのカスタマイズページです
お気に入りの著者の作品、探している本は、Flinker.jpでチェック!
【重要なお知らせ】2017年4月末を持ちまして当サービスを終了させていただきます >> 詳細

『青い鳥』 (TAPIRUS)


詳細/レビュー クリップ クリップ( 0 人) リスト管理/履歴
青い鳥 [古書登録]

青い鳥

⇒ Amazonで詳細を見る
装丁: Kindle版
著者: TAPIRUS
出版社: TAPIRUS
発売: 2017-04-18
ASIN: B071D5HFVP

この本をクリップする
0 人がクリップ
(以下クリックで設定/解除)

本をクリップクリップ

購入情報
新刊は入手不可です
Amazonの詳細ページへ


Amazon登録カテゴリの一覧(※試作版)

日本文学評論・文学研究文学・評論ジャンル別昔話・伝承文化人類学・民俗学人文・思想文化人類学・民俗学人文・思想Kindle本カテゴリー別Kindleストア小説・文芸日本の小説・文芸中国の小説・文芸アジアの小説・文芸英米の小説・文芸ドイツの小説・文芸フランスの小説・文芸スペインの小説・文芸イタリアの小説・文芸ロシアの小説・文芸ギリシャ・ラテンの小説・文芸評論・文学ガイド文学・評論評論・文学研究読み物絵本・児童書

※上位カテゴリを含めて全て表示しているため関連性の薄いカテゴリが表示される場合があります



この本をクリップしている人 (0 人)


この本をクリップしている公開ユーザはいません。



Amazon商品説明

内容紹介 さて芝居のざっとした話をしますと、クリスマスの前の晩に、貧しい樵の子供のチルチルとミチルのきょうだいが、妖女から、目に見えない万物の心の見える魔法のダイヤモンドをもらって、その力で、過去の「思い出の国」のおじいさん、おばあさんの所へも行けば、「夜のお宮」に女神の守っている秘密の庫もあけます。 深い「森」の中で森の木や森の鳥獣たちが人間に敵意をもって、たえず恐しい復讐の心を尖らせていることも知れば、暗い「墓地」では、人間が死んでも、魂は体をはなれて、べつに生きていて、土の下に埋まった屍からは美しい花が咲き出すだけだということを見ておどろきます。 それから、「幸福の園」では、人間の一生にであう、いやしい、清い、さまざまな幸福が人間の形をかりてあらわれますし、「未来の王国」では、まだこの世の中に生れて来ない子供たちが、未来の文明の進歩のためにせっせと働いています。 こうして、二人の子供は、最初「妖女の御殿」から出発して、「思い出の国」「夜のお宮」「森」「墓地」「幸福の園」「未来の王国」とへめぐりましたが── 楠山氏のあとがきより抜粋 ノーベル文学賞受賞作、メーテルリンクの「青い鳥」を、楠山正雄氏の名訳と、岡本帰一氏の美しい挿絵でお届けいたします。 ※本書は、大正15年発行の『青い鳥』及び、大正15年発行の『泰西戯曲選集 第二巻』を元に、 テキストを新字新仮名遣いに改め、図版等の修復作業を行い再編集したものです。 当社webサイトでも内容紹介をしていますので、ぜひ御覧下さい。 http://tapirus-sha.com/ 著者紹介 モーリス・メーテルリンク(Maurice Maeterlinck) 1862年8月29日―1949年5月6日 ベルギーのヘントで生まれる。詩人、劇作家、随筆家。 ベルギーはオランダ語であるが、フランス語を話す両親の元で育つ。 1889年、最初の戯曲『マレーヌ姫』を発表。 1911年、『青い鳥』でノーベル文学賞を受賞。 1932年、ベルギー国王にから伯爵位が与えらた。 1949年、フランスのニースで死去。 著書 『ペレアスとメリザンド』『青い鳥』『モンナ・ヴァンナ』 『タンタジールの死』『蜜蜂の生活』『白蟻の生活』『貧者の宝』等。 楠山正雄(くすやま・まさお) 1884年11月4日―1950年11月26日 明治17年、東京銀座生まれ。演劇評論家、編集者、児童文学者、翻訳家。 明治43年、出版社の冨山房(ふざんぼう)に入社。 編集のかたわら、演劇評論家、近代劇や児童文学の翻訳家として活躍する。 昭和25年月26日、死去。 著書 『近代劇十二講』『日本の神話と十大昔話』『楠山正雄の戦中・戦後日記』 『世界童話宝玉集』『日本童話宝玉集』、『アンデルセン童話集』 『不思議の国のアリス』『かがみの国のアリス』『青い鳥』『サロメ』等 岡本歸一(おかもと きいち) 1888年6月12日― 1930年12月29日 明治21年、兵庫県淡路島生まれ、東京育ち。童画家。 東京市立第一中学校卒業後、黒田清輝主催の白馬会洋画研究所で油絵を学ぶ。 明治45年、岸田劉生や木村荘八らとともに、美術家集団ヒュウザン会(のちフュウザン会へ改名)に参加。 童話雑誌『金の星』『コドモノクニ』『子供之友』『少女倶楽部』等で活躍。 昭和5年12月29日、死去。


Amazonレビュー








本の情報
この本は当サイトに登録されています。
Amazonとの情報同期日
2017/04/25
アソシエイト支援
このページの紹介URL

別の本を探す
Amazon和書検索
(売上Ranking)
本を探す

[実験部屋] [運営会社] [利用規約] [プライバシーポリシー] [FAQ/問い合わせ]
© Flinker.jp 2007-2017 All Rights Reserved.